公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様・一般社団法人東京馬主協会様より助成を受けました

子どもたちの活動の幅を拡げたり、緊急時の移動手段として利用できるよう、予てより公益財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様・一般社団法人 東京馬主協会様の「平成29年度 施設整備等助成事業」に、車輌の助成申請を行っておりましたところ、無事に平成29年9月19日付けで助成決定通知をいただくことができました。

そして、この度、助成を受けて購入した新車「Honda ステップワゴン」がクリッパーズに納車されました。

車の両側・後部には職員がデザインしたクリッパーズのロゴステッカーが貼られています。

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」が搭載されており、安全性能も高い車輌となっています。後部の縦型ドアから乗り降りすることもでき、子どもたちのお出掛けの際にも使い勝手がよさそうです。

大切に活用させていただきます。ありがとうございました。

平成29年度 放課後等デイサービス自己評価の実施結果について

平成29年度においても、放課後等デイサービス自己評価表により、保護者の皆様からの評価及び職員の自己評価を実施いたしました。
実施時期 平成30年2月
クリッパーズ29年度自己評価表保護者アンケート集計結果

クリッパーズ29年度自己評価表事業者アンケート集計結果

恒例の節分です!~豆まきと恵方巻き~

今日は明日の節分に先駆け、「豆まき」と「恵方巻き」作りをしました。

クリッパーズに福を呼ぶために、みんな一生懸命参加してくれました。

最後には自分たちで作った恵方巻きと年の数だけ福豆を食べました。

今年もよい年になるといいなと思います。

写真その1「豆まき」

鬼役の職員に向かってみんな力いっぱい豆を投げていました。

写真その2「恵方巻き」

普段はにぎやかなクリッパーズもこの時ばかりはシーンとしていました。

昼食メニュー紹介

冬休みでは子どもたちにも手伝ってもらい昼食づくりをしてきました。

その中で作ったものをいくつか紹介したいと思います!

その1 オムライス ケチャップで各自好きな模様を描いていました

その2 チキンライス・ポテトサラダ・エノキのすまし汁

ワンプレートを上手に使っています!

その3 お好み焼き トッピングがきれいですよね!おいしそう!!

その4 シャリアピンステーキ

聞いたことありますか?玉ねぎでお肉を柔らかくしたものです!

その5 オードブル

年末のパーティー料理として作りました。こちらはサラダとウインナーに焼きそばです。

こちらはメインのローストポーク!!意外と簡単にできました。

こんな形で盛り付けました。みんな喜んで食べてくれました!

どれもおいしそうにできました。

子どもたちの頑張りも大変すばらしかったです!

次は何を作ろうか今から楽しみです♪

クリッパーズの改装工事が終わりました

2017年10月30日から11月11日の期間で2F育成室の改装工事を終えました。

新しい環境で育成が始まり、子どもたちの反応も良く、これから育成にもつなげていけるかと思います。
この工事期間中には、普段の育成ができずに利用者の皆様には多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

それにもかかわらず、利用についてこちらの要望にご協力をいただきありがとうございました。改めて感謝申し上げます。

今後も子どもたちの活動を幅広く支援していくために、職員一同邁進していきますので、これからもご協力の程よろしくお願い致します。

下記は改装工事後の育成室の様子です。お時間がありましたら是非クリッパーズまでお越し下さい。

立川にお出かけしました

2017年11月4日(土)に立川のららぽーと と まんがぱーくに遊びに行きました。
お天気も良く、子どもたちは朝から元気いっぱい。さぁ、出発進行~!!


まずは腹ごしらえ

ららぽーと内にあるレストランでバイキング。


ハンバーグにピザ、生春巻き、スープにサラダ、うどんに煮物等など、ずらりと並んだ料理を前に、子どもたちは自分の好きな料理を少しずつ盛り付け席に着きます。みんな食欲旺盛!!
何回もお代わりをして、最後は自分でソフトクリームやかき氷を作ったり、ケーキや果物のデザートもしっかり食べました。あ~おいしかった、お腹いっぱい。ごちそうさまでした!!


次は二手に分かれて行動

①リトルプラネット体験組

リトルプラネットは体感型の知育デジタルテーマパークです。『ふしぎな絵の世界』では、描いた絵を機械にかけると、あ~ら不思議! その絵が大きなスクリーンに映し出されスクリーンの上を自由に動き回ります。自分で描いた電車や亀が目の前を通り過ぎるのを見て子どもたちは大はしゃぎ!!
又、『すもう大会』では、好きなキャラクターを描いた絵が目の前の土俵に立体的に現れ、紙相撲の様にキャラクター同士が対戦します。色や形等で強さが変わります。みんな一生懸命「ガンバレ~!」と力士に大きな声援を送っていました。


②ららぽーと内 散策ツアー組

広い店内、気になるお店がたくさん。限りある時間の中であっちへこっちへと歩き回り、「これ、いいんじゃない?」「こっちの方が似合うよ。」等と洋服のコーディネートの話をしたり、「これ高くない?」と愚痴ったり、「これ欲しい!今度買ってもらお。」と、ちゃっかりおねだりを目論んでいる子もいました。


最後は まんがぱーく

そこはジャンルごとに分かれたマンガ本が棚いっぱいに並び、読むための畳一畳くらいの個別スペースもあります。老若男女問わず多くの人が静かにマンガを読んでいます。
子どもたちはお目当ての本を見つけて寝転んだり長いすに腰掛けたりしながら一心不乱に読んでいました。
個別スペースに入りたくても空きが無くてウズウズしていた子どもたち。最後の最後に空いたので秘密基地の様にみんな交代で出たり入ったりして楽しんでいました。

子どもたちはみんな名残惜しそうでしたがそろそろクリッパーズに戻る時間。
「もっと遊びたい!」「楽しかった!」「また今度来たい!」・・・と言う子どもたちの声と素敵な笑顔がいっぱいの一日になりました。
いつもの育成とは一味違ったランチや遊びが出来た今回のお出かけ。
多摩プロゴルフ会様のご寄付と皆様のご支援に感謝いたします。ありがとうございました。

サイエンスドームへお出かけしました

2017年11月3日(金)に子供達とお出かけをしました。
まずは昼食を取るレストランまで歩いて行きました、いつもの近くの公園とは違い長い距離を歩きましたが、
弱音を吐かずに楽しそうに歩いてくれました。
レストランではそれぞれが来所時に決めたメニューを注文しました。子供達は無理をすることなくお腹と相談して自分達の食べられる量を考えて選んでいて、驚きました。
職員やみんなでお話しながら楽しく食事ができました。

昼食後はボウリングへと向かう予定だったのですが、場所が取れなくなってしまい急遽予定を変更してサイエンスドームへ向かうことになりました。
中にはボウリングを楽しみにしていて急な変更に不満な子もいましたが、無事バスを乗り継いで到着しました。

サイエンスドームではプラネタリウムで、今の時期である十五夜の星空を眺め、そのままプラネタリウムでアニメを観ました。

その後「遊びカガク」という体験型施設で遊びました。小さな子達はそこで身体を動かし、大きな子達は小さい子達の相手をしてくれたり、「宇宙」についてのブースで楽しんでいました。
帰る時間となり笑顔で施設を離れる子供達の顔を見て安心しました。

変更があったにもかかわらず楽しむことができた子どもたちの成長を感じました。

「楽しかった!」という言葉を掛けてもらえたのがとても嬉しかったです。

コニカミノルタ サイエンスドーム(八王子市こども科学館)
公式サイト http://www.city.hachioji.tokyo.jp/shisetsu/003/p011705.html

 

カラオケに行きました

☆☆☆カラオケに行きました☆☆☆
11月1日(水)にクリッパーズでカラオケ(まねきねこ)へお出掛けしました。
子どもたちはみんなでカラオケに行けるということでテンションも高く楽しみにしてくれている様子でした。
カラオケでは男の子・女の子で別れて入りました。

♪ 男の子チーム ♪


男の子たちの部屋ではさっきまでの賑やかさがウソのようにみんな静かにしていました。
どうも人前で歌うこと、声変りが恥ずかしい等それぞれ緊張していたらしく、ドリンクバーで少し盛り上がって、職員の声掛けによってやっと歌い始めました。
一度歌ってみれば楽しくなって厳しく自身の歌を評価する子や、どんどん曲を入れていく子、苦手な子と一緒に歌ってあげたり、みんなで合唱することも何度もありました。
歌うことだけでなく、その空間でのんびりと過ごせている様子にほっとしました。

♪ 女の子チーム ♪

一方、女の子たちは部屋に入るなりテンションMAX!

リモコンを奪い合うかのように曲を入れまくり、歌う時はなぜかみんなソファの上に立つ!(お行儀が悪いですが・・・)
職員が盛り上げようとタンバリンを叩くと「集中できないからやめて!」と叱られました。

もちろんドリンクバーも忘れてはいません。
たくさん飲みすぎてしょっちゅうお手洗いに立つ子もいました。

最後はみんな知っている曲で大合唱!
偶然にも男の子チームと同じ曲だったようです。

女の子たちは特に「まだ歌いた~い!」と名残惜しそうでした。
普段クリッパーズでも育成中、家庭用通信カラオケを使ってカラオケを楽しんでいます。
「いつかカラオケ屋さんでもみんなで歌ってみたいなぁ…」という子どもたちの夢が叶った一日となりました。

 

食育に役立てています。

子どもたちが、元気よく過ごすために身体作りは非常に大切なものだと考えます。
 子どもたちに食べられることへの喜びを感じて欲しいと思っています。そういった食育の観点から、子どもたちへの食事提供を行うようになりました。子どもたちと一緒に考えていく中でどんなものを作ろう、こんなものが食べてみたいなど意見が出てきました。
 そんな折、フードバンクTAMAさんから様々な食材をいただけることになり、おやつや昼食作りのレパートリーが増え、普段はあまり食べたことのない食材に挑戦したり、食事作りを計画したり、食を通して成長している姿が数多くみられるようになりました。
 できたものを食べている子どもたちの表情はにこやかでこちらもうれしくなってきます。頂いた食材で何を作ろうか考えるのが日課になって、みんなで知恵を絞っています。
 たとえば小松菜とパプリカを使って炒め物を作りました。新鮮で、野菜の味で十分美味しい一品ができました。野菜は子ども達にとって好き嫌いの激しいものですが「おかわり。」「おいしい。もっと食べていい?」と言ってくれ、完食でした。また、ゆでたての枝豆を食べたことがない子が多く、帰る時間までずっと食べてていい?と聞いて、ゆでたての枝豆をひたすら食べ続ける子もいました。
 美味しいものを子ども達に届けることが出来ました。パインアメのポテトチップス、賛否両論でしたが、味はパインアメそのまま、再現度はすごかったです。何人か気に入った子もいて家に持って帰ってくれて全部おいしくいただきました。みんながこの味すごいんだよと言って盛り上がり、普段そういうものには手を出さない子も食べてみたりいつもと違う姿が見られました。
 みんなにとってはほんの少しの記憶でも食べることができた、食べられるようになったということがとても素敵なことだと思いますし、小さな宝物になったのではないかと思っています。改めて自身のそして子どもたちの食事について考えることができました。
 このような機会をくださったフードバンクTAMAさんにはとても感謝しています。ありがとうございました。おいしかったです。

多摩プロゴルフ会様より寄付をいただきました。

平成29年9月に多摩プロゴルフ会様から寄付金をいただきました。
多摩プロゴルフ会様は多摩地区のプロゴルファーの皆さんが所属されている団体で、
長年福祉施設への寄付活動をされています。
今年度、ありがたい事に、ひの・I-BASYOも日野市の寄付団体に選んでいただきました。
「子ども達が日頃できないような休験に使ってもらえたらうれしい」とのお言葉をいただきましたので、
今回の工事期間のお出かけなどの活動の贄用に使わせていただきます。
関係者一同心より御礼申し上げます。