Archive for 設立趣旨書

設立趣旨書

近年、発達障害に対する関心や知識は高まりつつありますが、十分とは言えず、発達障害を抱える子どもやその保護者は周囲からなかなか理解されず、生き辛さを感じています。そのような中、発達障害を持つ子ども達のために何か出来ることをしたい、仲間と一緒なら何かを変えられるかもしれないと平成20年4月、日野市在住の保護者を中心に日野・発達障害を考える会「スキッパー」が結成されました。
「スキッパー」には、子どもの障害の有無、種別、年齢に関係なく、保護者の他にも発達障害に関心のある様々な立場の人が参加しており、保護者同士の交流はもちろん、障害についての学習会を開催し知識を深めたり、将来の自立へ向けての情報収集等行ってきました。
「スキッパー」には子どもも同行します。その子どもたちの交流の場として「レッツスキッパーズ」を作りました。レッツスキッパーズには元学童クラブ指導員・教師始め様々な方がボランテイアで関わってくださり、保護者がスキッパーの活動をしている間、子どもたちは交流を重ね、次第に仲良くなって、そのうち独自の行事も行うようになりました。レッツスキッパーズを居場所と感じ、楽しみを持って参加する子ども達を見るうちに、このような「居場所」が日野市にあったら良いな、という思いが次第に膨らみました。
発達障害を持つ子どもは、概して相手の感情を読み取ることが苦手であり、特定の刺激における過敏さ、衝動性など、人とのコミュニケーションの部分において困難が多く、周囲に溶け込むことが苦手で、孤立しがちです。そのような子どもたちにとって、自分の「居場所」があるという思いは、非常に大切なことであります。そこが生活の楽しみの場となり、ひいては心身の安定につながり、成長の原動力になって行きます。
加えて、近年発達障害と認められる子どもの数は増加傾向にあり、放課後の居場所の必要性はますます増大しています。
私たちは身近な地域において、発達障害を持つ子どもを対象に、一人ひとりに寄り添って放課後や長期休業中を楽しく、自分らしく過ごす事が出来る場所を作りたいと思います。
更にその居場所を核とし、保護者を含む関係者に対する学習の場の提供、講演会など障害理解の啓発活動の実施、保護者に対しては相互の交流や親睦、ペアレントメンターの育成をします。更に、就労や、自立への支援などを行います。
広く社会に向けた事業を行うことで、発達障害の有無に関わらず、共に生きる社会の実現を目指した活動をしたいと考えております。
私たちのこのような活動は営利を目的とするものではないので、特定非営利活動法人を設立し、活動の継続と充実を図って行く所存です。

特定非営利活動法人ひの・I-BASYO